• moonshotの特徴をビジネス効率化に活かす

    moonshotの優位性をビジネスの効率化に活かすためには、いくつかの注意点が有ります。



    その一つは、システムの構成を十分に検討することです。
    moonshotは高い集積性と独立した処理を可能にした高機能サーバーですが、その機能を活かすためには最適な処理の分割と多重化をシステムに割り当てる必要があります。また、moonshotの集積性は低消費電力も実現しているため、サーバーの搭載スペースも従来に比べ少なく、また電源容量も小さくできるメリットがあります。
    その為、従来のラックスペースでは余裕が生まれてしまうことからラックスペースの見直しや電源容量を見直すことが重要で、コストを下げるために必要な要素となります。
    さらにmoonshotを利用することでメンテナンス性も向上します。

    特に仮想化時にシステムを独立してメンテナンス出来ることからこれまでの様な多重化構成の必要がなくなることが多いため、ネットワーク構成やシステム構成を見直すことが重要となります。

    信頼性の高い毎日新聞サイトを見つけることができました。

    特にネットワーク構成についてはその使用料を毎月負担する事になるため、多重化を不要とすることは毎月のネットワーク費用を軽減することが出来るため大きなコストダウンとなります。



    さらにシステムを簡略化することが出来るので機器の運用費用やメンテナンスに掛かる人件費なども削減出来ます。


    moonshotを利用する場合にはこのような特徴に合った構成を実現する事が大切です。