• moonshotの効果的な利用法を意識しよう

    moonshotは仮想化システムを実現するハードウェアとして画期的な機能を多く備えています。



    その一つがシステムのメンテナンスの影響を最小限に抑えるためにサーバーのシャットダウンが不要という点です。


    従来の仮想化システムではハードウェアのメンテナンスを行う際にはサーバーをシャットダウンする必要があり、そのために同一のハードウェアで動いている他のシステムを停止しなければいけない問題が有りました。

    近年では企業システムを停止することは即業務停止に繋がるため大きな問題となっています。

    独自のシステムでYahoo!ニュースを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

    moonshotの登場以前はこの問題を解決するために仮想化システムを複数用意し相互に動作を補完する二重化の方法が利用されていました。


    しかしこの場合には同じ構成のシステムを複数用意する事になり、その導入コストや運用コストが大きくなってしまうことから、仮想化のコストメリットが十分に活かしきれない点が問題となっています。

    moonshotのこの機能をより効果的に利用するためにはハードウェアとシステム構成をメンテナンスし易いようにすることが重要です。


    仮想化システムの考え方が普及した現代ではシステムをハードウェアのブレード単位で割り当てる発想は根付いていますが、そのハードウェアと媒体を連結するシステムバスの部分は共通化されていることも多く、媒体へのアクセスが停止してしまうことが多く見受けられます。その為、moonshotの機能を最大限に生かすためには媒体の共通利用と独立したアクセスの両立を実現するためのシステムバスの構成を行うことが大切です。