会社設立の代行業者といっても、様々な種類があります。

特に一般的なものは税理士、司法書士、行政書士の3種類です。税理士に会社設立を依頼する場合、税理士は特に税務関連においてのプロなので、主に税務届出を代行してもらえます。会社設立の登記についてはサポート役となります。特に税務関連から登記までサポートしてもらい場合、司法書士と一緒の税理士に代行してもらうのがおすすめです。

費用は比較的安価で業務しているところもあります。司法書士に会社設立を依頼する場合、司法書士は関連書類作成から登記までのプロなので、登記に不安がある場合はかなり心強いです。しかし、登記は司法書士の専門業務となっているため、司法書士の出所は会社を設立する際の登記の手続きがメインにがなるので、低下でサービスしてくれるケースは少ないことが多いです。

行政書士に会社設立を依頼する場合、行政書士は関連書類作成のプロです。一部許認可が必要になる職種に関しては手続き代行もお願いすることが出来ます。しかし、行政書士のこれらの仕事は司法書士と同じような専門業務となっています。なので、低下のサービスはあまり期待できません。

その他の代行業者に依頼する場合、ランキング上位の会社は士業以外の業者も多いです。士業とは全く関連性のなさそうな企業がサービスをしているケースもあります。このような業者の多くは自分の会社で業務することはなく、税理士などに業務を委託している場合がほとんどです。

以上4つでしたが、どれが一番いいかはその時の状況によって変わります。なので今何が必要かを理解し、それに合った業者を選ぶことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *