会社設立は、一定の手順を踏めば誰でも行うことができます。

ただし、代行してもらって会社設立をする人も多いです。代行を利用する人が多い理由は、そこまで高くない費用で、専門知識を活かして確実にやってくれるからでしょう。電子定款を使っているケースでは、自分で行うより安くなるパターンもあるなど、状況次第では金銭的にも得をします。会社設立代行を利用すれば、手続に必要な知識を得る必要がありません。

もちろんある程度は知識を持っていた方が良いですが、あやふやな知識を基にして行う手続きは手探り状態になります。特に、役所に提出する書面は、要件を満たしていないとやり直しになります。手探り状態だと、場合によってはやり直しが必要になるなど時間もかかってしまうでしょう。

その点、代行なら扱うのがその分野のプロなので、問題なく作業を完遂してくれます。弁護士や司法書士、行政書士や税理士などの士業がやっています。一番見かけるのが多いのが行政書士ではないでしょうか。行政書士は役所に提出する書類の作成を代行する権限を持っていますし、こちらが一番安く活用できる傾向にあるので、多くの人に活用されています。

きちんとした定款を作ってくれますが、広い法的な知識を基に、作成のアドバイスをしてもらいたいと考えているなら、会社法分野に強い弁護士を使った方が良いです。確かにコストはかかりますが、定款の変更はあとからだと面倒な手順を踏まないといけませんから、最初にしっかりとやっておくことは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *