会社設立のための代行業者にはいくつか種類があります。

ではこの数ある業者の中からどういった業者を選べば良いのかという点ですが、選ぶポイントは4つあります。1つはどの部分を代行してくれるかという点です。業者ごとに強みとして現れる部分は違ってきます。

しかし、それよりも大切なことが、どの部分をやってくれるかとい点です。会社の設立をするためにはやることも多いので、できるだけ代行してもらえる範囲が広い業者を選ぶと楽になります。

2つ目は費用はどうかという点です。会社設立では登録免除税などの設立費用の他にも会社の運転資金などはただでさえも費用がかかってしまうのでできるだけお金はかけたくないものです。もちろん費用が得な業者を選ぶということはメリットになりますが、費用が安いというものには顧問契約を結ばないといけないなどの条件がある場合があります。安い費用だけに目を奪われず、なぜ費用が安いのかなどということを考えて選ぶと良いです。

3つ目に電子定款に対応しているかという点です。以前までは紙が原則でしたが、電子定款も認められるようになってきました。電子定款に対応していることで印刷代がかからないというメリットがある一方、それなりの負担もかかりますが、結局代行の費用を抑えることができます。

4つ目は顧問契約の有無です。顧問契約は税理士に依頼することが多いです。顧問契約は結ぶかどうかという事項も考えた上で代行業者を選ぶと良いです。会社設立の業者も種類はあり、それぞれ強みや費用も違ってくるので、どこを重視するかなどということを決めて自分に合った業者を選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *