会社を設立するとなると、実に多くの手続きをしなければなりません。

定款を作成して認証を受ける、資本金を払い込む、設立登記書類を作成する、開業届出に必要な各種の申請書や届出書を作成するなど、実に気の遠くなるような作業が義務付けられております。この会社設立手続きそのものは、必ずしも自分でやらなければならないわけではありません。代行業者に依頼することも可能です。もちろん、自分の会社だから自分で手続きをやりたいと望んでいる人ならば、自身の手で進めればいいのです。

片や、少しでも早く会社設立をしたいとか、自分で処理する時間がないという人であれば、代行サービスを利用することが望ましいでしょう。代行サービスに頼めば、時間のかかる書類作成や役所への届け出などを肩代わりしてくれますので、会社経営にあたって本人以外にはできない行動のための時間を生み出すことができるのです。一般的な最高サービスであれば、依頼後、約1週間から10営業日で会社設立が完了いたします。

中には、条件が合致していれば1日で終わる事例もあります。もし自分で手続きをするとなると、専門的な事柄については勉強をしなければなりませんので、かなり多くの日数がかかってくるものです。また、書類が足らなかったり記載が間違っていたり、あるいは許認可の申請漏れなどが往々にしてありますので、そのときは手続きをやり直さなければなりません。代行手数料の負担はありますが、経営者本来の仕事に集中するためには代行サービスの活用は賢明な選択肢となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *