電子定款は、書面の定款よりも印紙税が免除になるメリットがあります。

作成には、いくつかの設備が必要です。まずは電子文書を作ることができるパソコンです。そしてPDFに変換できるアプリケーションも用意しましょう。書面では、取締役などの実印が押されますが、電子の場合は、電子証明になります。所在する市区町村で交付してもらいます。

その際には、個人番号カードや住基カードと交付手数料が必要です。交付は住基カードや個人番号カードに保存される形でおこなわれます。電子定款は書面と同様に作成します。特に内容に違いはなく、プリントアウトするか、電子のままかの違いです。出来上がったものはPDFに変換します。

そして、法務省登記・供託オンライン申請システムから無料でダウンロードできるPDF署名プラグインソフトを入手します。これによってPDFに電子署名をすることが可能になります。電子署名を利用するには、公的個人認証サービスに対応可能なICカードリーダライタも必要です。

ICカードリーダライタを使って、住基カードや個人番号カードから電子署名を呼び出します。呼び出した電子署名は、プラグインによって、PDFに埋め込んで保存します。こうして完成した電子定款を送信すれば完了です。

送信した電子定款は公証役場で認証されるので、認証手数料5万円と身分証明書、印鑑、印鑑証明、プリントアウトした電子定款を持っていきます。その際に保存できるUSBを持っていくことを忘れないでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *