会社設立手続きの一つに定款認証があります。

これは、会社を有効に成立させるために必要です。公証役場で公証人に認証を行ってもらいます。この認証を行ってもらうには、認証手数料が5万円、謄本の手数料が約2000円程、特定文書にかかる印紙税が4万円がかかります。つまり、合計で定款認証にかかる費用は約9万2000円です。

これは紙の定款の場合であって、電子定款だと印紙税がかかりません。したがって、約5万2000円ほどで定款認証を受けられることとなります。つまり、4万円分会社設立の費用を抑えられます。ただ、電子定款を作るためには有料で売られているPDF作成ソフトを購入しなければなりません。

電子署名を入れるためには無料のソフトだと対応できないからです。そして、PDF作成ソフトは高額で、4万円程します。したがって、持っていなければその恩恵にあずかることはできません。

電子定款作成のためのソフトを持っていなくても節約できる方法はあります。それは、代行業者を利用して作成をしてもらう場合です。代行業者では電子定款を用いますので、自分が負担する費用は4万円分安くなります。

そして、代行手数料はソフトを購入するよりも安く行っている場合が多いので、差額が節約可能です。したがって、できるだけ会社設立の費用を抑えたいと考えているなら代行業者の利用を検討してみると良いでしょう。行政書士や司法書士、弁護士等がこのサービスを提供しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *